Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/masuing/dokoiko.club/public_html/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210
(体験レポあり)天王寺動物園の割引・クーポン情報まとめ 2022年12月 - 週末どこいこ倶楽部

大阪府

(体験レポあり)天王寺動物園の割引・クーポン情報まとめ 2022年12月

更新日:

以前から企画していた大阪旅行、新幹線の最安プランを奥さんが予約してくれて片道10,290円で行くことができました!

目的は別にあったので、どこに行こうか迷ったのですが、市内ど真ん中でアクセスのよい天王寺動物園に行ってきました。

 

現地までの道程は近くにあの飛田新地がある関係でなんだか暗い雰囲気、でも動物園は広くてのんびりできて大満足でした!

そんな天王寺動物園へお得に行ける方法がいくつかありましたのでシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

入園情報

営業時間

  • 通常営業 9:00~17:00

※最終入園は60分前

※毎週月曜(休日除く)と12/29~翌1/1は休園

 

料金

個人
大人(高校生以上) 500円
小・中学生 200円
未就学児 無料

 

割引情報まとめ

割引
JAF なし
タイムズ なし
HISクーポンアプリ なし
OSAKA PiTaPa 50円(大人のみ)
エンジョイエコカード 150円(大人のみ)
団体(30名~) 50円~最大150円
その他割引 無料

 

OSAKA PiTaPa(50円引)

大阪在住者、出身者は持っているであろう市営地下鉄のICカード・ピタパカードで大人50円引となります。

※適用人数は指定なしのため一家族何名でも可能と思われる

 

エンジョイエコカード(150円引)

観光客が持っている可能性が高い、大阪市営交通局の1日乗り放題券・エンジョイエコカード(土日祝600円)で大人150円引き。

 

団体(30名~、最大150円引)

教育施設や各種団体者向け。事前申請が必要になります。

 

その他割引(無料)

以下の場合は無料で入館できます。

  • 大阪市内在住・在学及び大阪市立(市外含む)の学校に在学の小中学生
  • 大阪市内在住の65歳以上の方
  • 障がいのある方(と介護者1名)

 

施設情報

設備 詳細
飼育点数 約200種1000点
駐車場 有料(休日300円/30分、最大2,400円)
館内レストラン
売店
ベビー おむつ替え・授乳室有
ベビーカーレンタル有(300円)
バリアフリー 多目的トイレ・車いすレンタル有(無料)

 

住所/電話番号

  • 大阪市天王寺区茶臼山町1-108
  •  06-6771-8401

 

見どころ

日本で3番目に長い歴史を持つ(1915年1月1日開園)動物園で、 現在約11ヘクタールと広大な園内におよそ200種1000点の動物を飼育しています。

東の上野動物園、西の天王寺動物園と呼ばれるほど来園人数は多く、その人気の源は広い敷地を活かした動物の生活そのものを見せる「生態展示」にあります。

日本ではここでしか見れないキウイも必見です。

スポンサーリンク

 

【体験レポ】実際に行ってみました

前日は梅田のホテルに泊まっていたので堺筋線で動物園前駅へ。

改札を抜けると目の前に撮影スポットが!動物を模した壁でテンションも上がる。

 

人の流れに乗っていくと独特な雰囲気がある商店街を抜けて、通天閣と新世界を望みながら動物園へ。

 

到着!とても立派な入口。

 

なんと天王寺動物園にはゾウがいないよう。

アジアゾウのラニー博子(推定48歳)が2018年1月に亡くなったことをこの場で知り、ただただ残念な気持ちに。

こんな入口にお知らせが出るくらいなので、本当に地域の人から愛されたいたのでしょう。。

 

入園すると高速道路の上にそびえ立つ通天閣が。

大阪といえばこの風景、という感じですね。

設計者の内藤多仲は東京タワーや博多ポートタワーなどの設計者なのでその造形美をしばし眺める。

 

園内を進むとかわいらしい音楽と共に白雪姫が時計台から出てきました。

女の子が我さきにと走ってきてあっという間にコンサート会場に。

この白雪姫は15分間隔で演奏してくれるそう。

著作とかは大丈夫なのかしら(余計なお世話)。。

 

終了後、奥さんと一緒に娘のおむつ替えをしようと授乳室へ。するとここで事件が!

なんと、女性専用なのです。これ、シングルファーザーはどうすんの。

でも地域柄(すぐ近くは歓楽街)、変な人も多いのかな?

 

ちなみに、トイレは広い園内の各所に設置されており、とても清潔です。

 

入口付近で写真撮影をしてもらい(妻がこれ大好きなので1,200円払いました)、いざ散策!

※手持ちのスマホで撮影してくれます、もちろん有料写真は見てから購入するか判断できます

 

こちらはふれあい広場。

ヒツジとヤギのおやつをガシャポンで買って、手渡しであげることができます。

この日は暑かったので、みんなゴロゴロしてます。

 

ツル舎にて、ホオジロカンムリヅルを激写。

隣の家族が「アタマにズラかぶっとるでー」と言ってニヤニヤ。 奥のツルさんはずっと顔をこすってました。

 

続いてカバ舎へ。こちらはおそらくテツオ(オス)とティーナ(メス)。ティーナはメキシコから花嫁候補としてやってきたそう。

 

サバンナ風な道をのんびり歩きます、歩ける子にとっては冒険感があって楽しそう。

 

こちらはクロサイのトミーさん。

こ~っそりシャッターを切りました。

サイは見かけによらず繊細な性格で、すぐに奥に行ってしまいます。

 

道の途中には休憩スペースも。

緩やかな坂もあり、暑い日は体にこたえます。

 

こちらはサバンナテラス。一歩踏み出すと、視線の先にはキリンや草食動物が悠然と過ごすサバンナの草原のままの風景を望むことができます。

 

しばらく待っていたのですがこれが本日のベストショットです。。

天王寺動物園を代表する動物たち(ライオン、ベンガルトラ、レッサーパンダ、シロクマ)は炎天下のなか日陰でグーグー寝ていました。

もう少し涼しい時間帯か季節じゃないとダメだったのか。。

 

最後に、日本では天王寺動物園でしか見れない飛べない鳥、キウイをパシャリ。

わかりづらいですが、真ん中にあるフワフワしたものが、それです。

ここではフラッシュを焚くのは禁止なので注意しましょう。

 

天王寺動物園は、大阪の顔といってもいい施設で、運営者は大阪市なので、大手企業の割引はありません。

行く際にはエンジョイエコカードでの入園が一番コストパフォーマンスがよいのではないでしょうか。

大阪に立ち寄った祭にはぜひ足を運んでみてください!

 

-大阪府
-

Copyright© 週末どこいこ倶楽部 , 2022 All Rights Reserved.