カーライフ

エクストレイルの新車購入でディーラーオプションをどこまで削るかの境界線

更新日:

日産エクストレイルのディーラーオプションを本気で選ぶ

こんにちは!出かけるおです。

先日ギリギリまで中古と悩んだ末にエクストレイルの20Xiを新車で購入したのですが(こちらの記事)、これで一息つかせてくれないのがディーラー。

善意なのか、今後の交渉に向けた布石なのか、絶妙な塩梅でオプションを組み立ててくれました。

これをどこまで削ってOKなのか、市販の売筋商品と比較しながら考えたいと思います。

 

結論から言うと、全部削れます。というかクルマ好きはあえてオーディオレス(何も付けない)にするそう。。

ただし、私のような初めて新車購入する人や、用途が予め定まっている場合はある程度の見極めが必要です。

日々の通勤で利用するのか、綺麗に使ってリセールバリューを高めるのか、登山・キャンプで酷使するのか、数年後までイメージしてみてください。

出かけるお
ご家族の意見も聞いてみてくださいね!

スポンサーリンク

ディーラーオプション検討前後

買うと決める前(42万円)

  • ETC車載器 26,050円
  • ETCセットアップ 3,240円
  • カーナビ(MM518D-L) 318,022円
  • フロアマット 33,331円
  • セキュリティパック 42,823円

買う気がなかったので、いいですね~いいですね~を連呼しながら、適当に決めました。

この直後に40万円の値引きをオファーされます。

プロパイロットを体験してさっさと中古車を買おうと思ってた私は思考停止状態に。

 

…プロパイロット体験キャンペーンのキャッシュバック(14万円)と合わせて総額54万円の値引き。

この瞬間、方針転換。

 

買っちゃえ日産。

 

気持ちを入れ替えて、ディーラーオプションを本気で選びなおします。

買うと決めた後(36万円)

  • ETC車載器(ナビ連動タイプに変更) 29,135円
  • ETCセットアップ 3,240円
  • カーナビ(MM318D-W) 191,738円
  • フロアマット 33,331円
  • セキュリティパック 42,823円
  • 5 years coat 65,340円

最上位モデルのカーナビ(AppleのCarPlay™やGoogleのAndroid Auto™連動)から、ワングレードダウン。

本当は一番安いのにしたかったのですが、アラウンドビューモニターと連動する最下位モデルということで了承。

なぜか営業さんから5 years coatをオススメされ見積書作成(最後の交渉用と確信)。

これを以っていったん家族会議入り、後日の最終決戦へと持ち越します。

スポンサーリンク

最終検討結果。ひとつずつ見ていきましょう

ETC車載器→純正必要なし、市販品購入(6,000円)

これは削る1択です。純正は高すぎます。

タイムズカープラスに乗り過ぎたせいか、ビルトインがいいとは全く思わないんですよね。

それにビルトインだからといって買取価格にプラス査定となる訳ではありません(ガ●バー確認済)。

しかもナビ連動機能が便利かと思いきや、画面下に小さいアイコンが出てくるだけです。アイコン確認する前に音声かブルーライトを見て判断します。

 

ということで6,000円くらいの市販品で充分です(要別途取付費用)。ETC2.0なるものもありますが、まだまだ不要と判断です。

 

カーナビ→必要、据え置き

難しい選択でした。結果私はディーラーのものを選びましたが、クルマ好きであればオーディオレス1択でしょう。

決め手は考えるのが面倒だったのと、ステアリングリモコン(ハンドルに付いているボタン)を操作する爽快感を体感したかった、に尽きます。実はタイムズカープラスでハンドルについてあるボタンが機能したことがなく(安いカーナビでもちろんコードの細工もしていないので)、操作してみたかったんです(笑)。

もちろんオートバックスやイエローハットなどのカー用品店で高性能なカーナビを安価で取り付けることはできますが、私の場合はあらゆることが初めてでカモネギと思われるリスクもあり、何より時間をかけるのもコストだと感じ、外部での購入を断念しました。

 

フロアマット→市販のもので十分(1万円)

エクストレイル純正フロアマットの致命的なミスが露呈しており、エクストレイルのエンブレムが入っているだけのくせに二列目の真ん中のマットがありません。そこでAmazonでレビューの高いフロアマット(3分の1の価格)をお気に入りにしておきました。

なぜすぐ買わなかったかと言うと、最終調整の打ち合わせで多くの方がフロアマットを無償で付けてもらっているのを色んな記事で確認できたんですね。私も最後に、

私「ガソリン満タンで納車してください!」

デ「勘弁してください、代わりにフロアマットをタダで付けますんで。。」

私「しょうがないですね、ではそれでお願いします。」

というやり取りをイメージしていました。

 

まあ実際、そんな瞬間なくスルーされましたね。

談笑しながらスマホ片手に市販品を注文しました。

セキュリティパック→必要

以下の3種類がお得になったパックです。

  1. いたずら防止(セキュリティインケーター&ラベル)
  2. セーフティイルミネーション
  3. ドアミラー自動格納装置

本当はドアミラー自動格納といたずら防止があれば十分だったのですが、パックの方が安かったのでこれにしました。

いたずら防止はお出かけ時(特に登山やキャンプ時)に欲しいと思っていて、ドアミラーは停車時に自動格納することで、セキュリティをしっかりしている(手動の場合忘れがちなので)=防犯意識が高いと思われるように付けました。

セーフティイルミネーションはいらないと思っていましたが使ってみると、夜クルマから降りるとき(特に子供をチャイルドシートから降ろすとき)に重宝しています。

5 years coat→KeePer コーティングへ依頼

ネーミングをそのまま受け止めると、5年間何もしなくてもピカピカの状態を保てる、という解釈ができますが全くの検討違いでした。

実際には月1回の手洗い(超面倒)をしたうえで、年1回の定期メンテナンスを受けることで、新車時の光沢を保ちます。というサービスでした。

これも様々なエクストレイル新車購入の記事を読む限り、最終的に無料で付けてくれると書かれていることが多く期待していましたが・・・

 

そんな瞬間やっぱりありませんでした。

大人しくKeePerのクリスタルコーティングを実施(ウェブ予約で20%OFF)。

KeePerコーティングは洗車機が使えるので便利です。

 

その他:ドラレコも市販品で十分

純正の場合4万円近くしますが、市販のもので十分です。私はAnkerが大好きなので入門版として最適なナビを7,000円で購入。

 

結論:本当に必要だったディーラーオプション

  • ETC車載器(ナビ連動タイプに変更) 29,135円
  • ETCセットアップ 3,240円
  • カーナビ(MM318D-W) 191,738円
  • フロアマット 33,331円
  • セキュリティパック 42,823円
  • 5 years coat 65,340円

以上、本当に必要だったのは、「純正カーナビ」と「セキュリティパック」でした。

他は市販のものの方がコスパも、使い勝手もよさそうです。

価格的には、ETCとフロアマット分を約4万円節約でき、浮いた費用を少しだけドラレコ設置に回すことができました!

 

出かけるお
エクストレイルを新車購入する際の参考となれば嬉しいです。

-カーライフ
-,

Copyright© 週末どこいこ倶楽部 , 2022 All Rights Reserved.